2018年06月22日

「安楽椅子探偵」第8弾 「安楽椅子探偵ON STAGE」正解率0,2%!!!

8年振りに帰ってきた!「安楽椅子探偵」正式タイトルは『綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状8 安楽椅子探偵ON STAGE DVD』正解率0,2%!!! あの難解ミステリーが帰ってきた。 

綾辻行人さんと有栖川有栖さんという日本が誇る2大ミステリ作家が原作を務める「安楽椅子探偵」は、第1週に出題編を、第2週に解決編を放送するというスタイルや、視聴者が真犯人を推理し、見事謎を解き明かせば懸賞金がもらえるという異色さから人気を誇るテレビドラマです。くノ一忍法帖 蛍火 DVD

 そんな「安楽椅子探偵」シリーズといえば、ストーリーテラーが冒頭に登場して視聴者をミステリに誘うのが習わしですが、今回ストーリーテラーは俳優の谷原章介さんが務めます。のみとり侍 DVD

 谷原さんは「僕が含みを持たせたり、ミスリードをしないように、公平中立であることがとても大切だと考えています。確か、前回の正解率が1パーセントを切っている(正解率0.2パーセント)と聞いたので、ミステリの世界観を損なうことなく、また、色を付けないよう、一歩引いたところにいることをこころがけたいと思っています」と意気込みを明かしています。

 また「こういう謎解きで当たったためしがない(笑)」と言いつつ、ミステリ小説はよく読むという谷原さん。「ご覧の皆さんは、じっくりと何度も見直して、謎解きに挑戦してください。謎を解いて、解決編を見た後は、『やられた!』という思いと同時に、爽快感に包まれると思いますよ!」と番組で謎解きに挑む視聴者にエールを送っています。

  


Posted by behika at 16:04Comments(0)

2018年06月21日

話題ドラマ「孤独のグルメ」の松重豊、韓国でロケを行い

最近、韓国でロケを行い、話題を集めたドラマ「孤独のグルメ Season7 DVD 」で主役の井之頭五郎を演じる松重豊は、聯合ニュースとのインタビューで韓国料理やお酒への愛情を伝え、「韓国出張」の感想を語った。

松重豊は「正直、ここまで『孤独のグルメ』というドラマを韓国の方が知っているとは全く予想していなかったです。本当に驚きとともに喜びでもありましたね」と笑った。半分、青い DVD

また、「日本のただ食べているだけのおじさん」なのに撮影中、女性のファンから赤いバラの花をもらったとして、「驚きでしたね」と振り返った。ファンから赤いバラの花をもらったのは初めてだと言う。おっさんずラブ DVD

「韓国出張編」は先月、ソウルとビビンバ発祥の地として知られる南西部の全州(チョンジュ)で撮影が行われ、韓国のSNSで大きな話題となった。撮影現場の目撃情報や写真が相次いで投稿され、韓国のケーブルテレビやYouTubeなどでドラマを見た視聴者を熱狂させた。

松重豊は全州でビビンパ、ソウルで豚カルビを味わった。韓国出張編は今月8日と15日、2週にわたって放送された。

松重豊は「韓国料理というと牛の焼肉というイメージが多いと思いますが、(韓国では)基本的に肉として食べているのは豚肉だし、その豚肉がおいしかったです。それ以外の家庭料理、ビビンバもそうですし、いろんな形で韓国料理屋さんが日本の国内にも増えてほしいです」と語った。

松重豊が演じる井之頭五郎は下戸の設定だが、実際はお酒好きという。「おいしいものを少し食べながらお酒を飲むのが最高の楽しみですね」と話す。

韓国酒として生マッコリを絶賛。「日本ではなかなか飲めない生マッコリというのが最高においしいですね。生マッコリを持って帰れなかったことが非常に悔しくて、日本の人が是非向こう(韓国)に行って生マッコリ、チャミスル(韓国の焼酎ブランド)、CASS(ビール)の楽しい『トライアングル』を堪能してはいかがかなと思います」という。

  


Posted by behika at 17:20Comments(0)

2018年06月20日

ウォレス・チョン主演「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」日本初放送

DATVにて、ウォレス・チョン主演のピュアラブストーリーが日本初放送されることが決定。

メモリーズ・オブ・ラブ DVD~花束をあなたに~」(原題:一路繁花相送 DVD)は、今年2月に中国で放送されたドラマで、アジアのトップスター ウォレス・チョンとアーロンが豪華共演したことでも話題に。ウォレス・チョンは「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」に続き、再び一途な男性を好演し、アジア中の女性のハートを鷲掴みに!一方、アーロンはヒロインを10年間支え、想い続ける役で見守り男子として絶大なインパクトを与えている。ヒロインへの切ない愛に胸が締め付けられる。昭王~大秦帝国の夜明け~ DVD

あらすじ

アメリカで映画監督をして成功していた路非(ウォレス・チョン)は、中国での映画撮影のオファーを受け、10年ぶりに帰国する。花と将軍 DVD   帰国の理由は10年前大学時代に付き合っていた辛辰(ジャン・シューイン)との約束を果たすためでもあった。急にアメリカへ路非が去った後、辛辰に寄り添い、友達として支え続けていたのは林樂清(アーロン)。でも、実は樂清はずっと辛辰を思い続けていて…。10年ぶりに突然姿を現した路非を前に、冷たい態度をとる辛辰。路非はひたむきに辛辰に思いを伝えようとするが…。

  


Posted by behika at 17:15Comments(0)

2018年06月15日

菅田将暉のキスは魅惑的だ

菅田将暉のキスは魅惑的だ。見る者を惹きつける美しさを持ち、独特の色気を放つ。一瞬で心を奪われ、飲み込まれるほどの麗しさ。エロチシズムを漂わせる艶があるのだ。婿殿オ・ジャクトゥ DVD

今、そんな菅田の勢いが止まらない。今年だけでも9本の映画、4本のドラマ、8本のCM出演と活躍が目覚ましい。また、レギュラー出演している現在放送中のドラマ『校閲ガール』は、好調で高視聴率をマーク。2017年もすでに4本の映画に出演することが発表されている。10〜20代の女性を中心に人気を博している菅田だが、最近では男性をはじめ幅広い層の支持を集めつつあるのだ。医心伝心 DVD

なぜ30代以上の女性や、若い男性からも好感を持たれるのか。その理由のひとつがラブシーンにあるように思う。菅田は、2013年に公開された映画『共喰い』朴烈 DVD(主人公・篠垣遠馬役)で、木下美咲らとの濡れ場を熱演。当時19歳ということもあり、菅田は「性描写は、めちゃくちゃ緊張しましたが、遠馬もそうだったんだろうなと思います。特に、後半のラブシーンでは、ライトも熱くて、ポトポトと汗がしたたり落ちました」(引用:菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白 | ニュースウォーカー)と語っているように、初々しさがあり、そこがまたリアルだった。未知なる君とロマンス DVD

また、「汗は全然足してないです。リアルでしたから」(引用:菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白 | ニュースウォーカー)ともコメント。菅田の緊張と興奮が妙に生々しく、じっとりと纏わりつくような濃厚さがあった。そんな体当たりのラブシーンに、胸を打たれた観客は少なくないはずだ。19歳にして、滴る汗の中にもすでに色気を滲ませていた菅田。だからこそ、彼の姿は私の脳内に鮮烈に記憶された。
  


Posted by behika at 16:32Comments(0)

2018年06月13日

メーガン・マークル出演『SUITS/スーツ』シーズン7WOWOW放送開始

スタイリッシュなリーガルドラマ『SUITS/スーツ』。当サイトでもお伝えしていた通り、メーガン・マークルの卒業が決まっていたが、かねてから降板が噂されていたパトリック・J・アダムスの卒業も正式に発表され、彼らなしでシーズン8へ更新されることが分かった。米Varitetyが報じている。スーツ シーズン7 DVD

レイチェル役のメーガン・マークルとマイク役のパトリック・J・アダムスの登場が最後となるシーズン7が本日よりWOWOWにて放送スタート。

新シーズンでは、ハーヴィーは事務所のトップになる前に、最後にマイクと組みたいと提案。二人で企業の案件を担当することに。一方、愛するタラに振られて落ち込むルイスは周囲の心配をよそに、アソシエイトの育成に注力しようとする。そんな中、ドナは、ハーヴィーに事務所のパートナーにしてほしいと要求し...。倒壊する巨塔 DVD

昨年11月、シーズン1からレイチェル役で出演していたメーガンが、英ハリー王子と正式に婚約したことを発表したことを受けてシーズン7をもってシリーズを卒業することを発表。同時に、主役の一人マイク役のパトリックも同シーズンで降板することが決まっている。ダークサイド DVD

英語の“SUIT”には“訴訟”と“(洋服の)スーツ”、両方の意味がある。ニューヨークの大手法律事務所で困難な訴訟や企業間の交渉に臨むエリート弁護士たちを描くスタイリッシュ・サクセスストーリー「SUITS/スーツ」。全米USAネットワークで2017年7月から放送し、マイク役のP・J・アダムスが監督した第8話が記念すべき番組通算100話となった第7シーズンをお届けする。レイチェル役のメーガン・マークルは英国のヘンリー王子と結婚。2018年5月19日の、ロンドンの西にあるウィンザー城での“ロイヤルウエディング”は大きく注目を集めた。またシーズンの最後、レイチェルら一部の主要キャラが惜しくも番組を卒業するので、ファンは特に見逃せないシーズンになる。

  


Posted by behika at 16:22Comments(0)

2018年06月08日

韓国リメイク版『SUITS』チャン・ドンゴンがドラマ復帰

2012年に公開された人気作『紳士の品格』以来、映画での出演を多く見せていたチャン・ドンゴンさんが、なかなかお目にかかれないブロマンスドラマ『SUITS』にて、6年降りのドラマ復帰をすることを発表しました!

SUITS スーツ DVD」は現在、アメリカでシーズン7が放送されている人気シリーズで、世界で初めて韓国でリメイクされる作品だ。チャン・ドンゴンは、韓国で最高のローファームの伝説的な弁護士チェ・ギョンソ(チェ弁護士) 役を務め、成功した男のセクシーな余裕とカリスマ性を披露する予定だ。「7年の夜」「猖獗(チャングォル)」など、スクリーンで活発的な活躍を予告しているチャン・ドンゴンは「SUITS/スーツ」を通じて、ドラマでも彼の存在感をもう一度証明する予定だ。スーツ DVD

劇中、チャン・ドンゴン(チェ弁護士役) の選択を受けて、ローファーム入りしたコ・ヨヌ(コ弁護士) 役は、「花郎(ファラン)」「力の強い女ト・ボンスン」で今年最も注目されていて、新しい韓流スターに浮上しているパク・ヒョンシクが演技する。怪物のような記憶力を搭載した新入弁護士に変身し、微笑ましいブロマンス(男同士の友情) と熱いロマンスを行き来して、もう一度視聴者たちの心をとらえることが予想される。無法弁護士 DVD

チャン・ドンゴン、パク・ヒョンシクの2人の俳優が放つ男同士のケミ(ケミストリー、相手との相性) とともに、ぴったりフィットしたスーツを披露し、歴代級のビジュアルを期待させる。キャスティングのニュースだけで期待を余すことなく引き上げている「SUITS/スーツ」は、キム・ジョンミン脚本家の洗練された脚本に「推理の女王」を通じて、新鮮でスタイリッシュな感覚が認められたキム・ジヌ監督の演出が加わり、ドラマに対する期待を高める。王様の事件手帖 DVD

あらすじ…大手の弁護士事務所にて弁護士として働く男はどんな難事件も解決に導く凄腕だが、部下を持ちたがらない一匹狼であった。そんな彼を見かねた上司は、新入社員の採用面接を行うように指示する。乗り気ではなかった彼だが、その採用試験で、一度見たものは絶対に忘れないという瞬間記憶能力を持つ青年に出会う。男は青年の才能を見抜くが、青年は弁護士の資格など持っていなかったので、経歴を詐称。偽弁護士となった青年と男は運命共同体として数々の起訴に挑戦していくことになる。

  


Posted by behika at 16:30Comments(0)

2018年06月06日

WOWOW『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』水川あさみが官能ドラマに初挑戦

女優の水川あさみが主演するWOWOW『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』のインタビュー&メイキング動画がORICON NEWSに到着。水川と、彼女が演じる奈津を取り巻く男たちを演じる田中圭、眞島秀和、柳俊太郎(※)、村上弘明らのインタビューをはじめ、クランクインの様子や撮影合間のオフシーンなどが満載されている。ダブル・ファンタジー DVD

第22回柴田錬三郎賞、第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞をトリプル受賞した、直木賞作家・村山由佳の同名小説を連続ドラマ化。夫の支配と性の不一致から逃れるために家を出た35歳の脚本家が、次々と男に抱かれながらも、女として“自由という孤独”の世界に身を投じて生きていくさまを描く。連続ドラマW ダブル・ファンタジー DVD

主人公の高遠奈津を演じるのは、奈津と同年齢を迎える水川あさみ。露出をいとわず、役に体当たりで挑む。また、奈津に乗り越えられる男たちを、田中圭、眞島秀和、柳俊太郎、村上弘明らが熱演。監督は「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(同局)などを手掛けた御法川修が担当する。花のち晴れ 花男 Next Season DVD

数々の官能シーンにひるむこともなく、欲望に正直に生きる主人公・奈津を時に大胆、かつしたたかに、時に脆く演じた水川。中でも脚本を読んだときの印象について、「こういった題材のものを映像化することにびっくりしました」などと語っている。後半には、キャストが御法川修監督の魅力や撮影現場の雰囲気について語るシーンや、原作者・村山氏が撮影現場を訪れる様子なども収められている。花のち晴れ DVD

 また、WOWOWオリジナルドラマ公式ツイッターで、御法川監督が撮影秘話などについて綴った「#監督回想」を投稿中。水川や田中ら出演者たちの撮影現場の最新写真やエピソードをオフショットとともに公開していく。

  


Posted by behika at 17:00Comments(0)

2018年05月30日

日本ドラマ「空から降る一億の星」の韓国版 、ソ・イングク出演確定

俳優ソ・イングクと女優チョン・ソミンが「空から降る一億の星」で共演なるだろうか。

本日(30日)、tvNの新ドラマ「空から降る一億の星」側が、マイデイリーに「今年の下半期編成予定の『空から降る一億の星』に、ソ・イングクが出演を決定した」とし、リッチマン DVD 「ヒロイン役のチョン・ソミンは前向きに検討中」と伝えた。推理の女王2 DVD 

ソ・イングクは劇中、手作りビール醸造所で働くキム・ムヨン役を務める。チョン・ソミンは広告デザイン会社に勤めるユジン・カン役を検討中だ。日本のドラマ「空から降る一億の星」をリメイクする作品である。無法弁護士 DVD 

ソ・イングクが出演tvN「空から降る一億の星」は、日本フジテレビの同名ドラマを原作にした作品だ。

2人の錯雑で運命的な出会いを通じて繰り広げられるストーリーを描いた「空から降る一億の星」は「ああ、私の幽霊さま」「明日、キミと」などを演出したユ・ジェウォンプロデューサーが演出を担当した。

  


Posted by behika at 16:46Comments(0)

2018年05月28日

チョン・ジェヨン出演「検法男女」完璧主義の風変りな性格

完璧主義の風変りな性格を持った法医学者であるペク・ボム(チョン・ジェヨン)と初任検察官ウン・ソル(チョン・ユミ)の捜査を扱ったドラマ。

検法男女 DVD」はロマンスではなく、正真正銘のジャンルドラマを披露するという覚悟を表し、野心的にスタートした。ストライキの終了後、成績不振だったMBCが歯を食いしばって準備した作品に見合う完成度を見せた。

14日午後韓国で放送がスタートしたMBC「検法男女」では、監察医ペク・ボム(チョン・ジェヨン)と初任検察官ウン・ソル(チョン・ユミ)がクォン・ヒギョン殺人事件をめぐって対立した。真夏の思い出 DVD


ペク・ボムはDVに苦しんだ被害者クォン・ヒギョンが暴行で死亡したのではないという法医学的な意見を提示した。ペク・ボムはクォン・ヒギョンが一緒に飲んではいけない水虫の薬と血液凝固薬を飲んで死亡したと明らかにした。しかし、ウン・ソルはクォン・ヒギョンの足が水虫ではないことを突き止めた。MEG ザ・モンスター DVD

ジャンルドラマをうち立てただけに、スタートからスピーディーな切替と解剖シーン、事件を描写する方法、いずれも完成度が高い。事件の展開も非の打ち所がなかった。地上波でDVを描くレベルも適切だった。

先に主張するウン・ソル検察官と科学に基づいた結論を出すペク・ボムの対決構図も興味をそそるものだった。ウン・ソルもペク・ボムも無念な被害者を殺害した真犯人を捕まえようとする目的は同じだ。

クォン・ヒギョンに水虫がないことはウン・ソルが発見したが、ペク・ボムも知らないはずはなかった。真夏の思い出 DVD
 2人が勘と科学で対立したが、裁判に登場したペク・ボムがどんでん返しをする可能性には十分な状況だ。


  


Posted by behika at 16:35Comments(0)

2018年05月25日

BBC同性ドラマ「A Very English Scandal」ヒュー・グラントが主演

先日 BBC One での製作が発表されたドラマ「ア・ベリー・イングリッシュ・スキャンダル(原題) /A Very English Scandal DVD」に、ヒュー・グラントが主演するとDeadlineが報じた。

米バラエティによれば、グラントは1979年に殺人共謀、扇動の罪に問われた英政治家で同性愛者だったジェレミー・ソープを演じる。ア・ベリー・イングリッシュ・スキャンダル   自由党の若き党首だったソープは、モデルの元恋人ノーマン・スコットから同性愛者であることを公表すると脅され、殺し屋を雇いスコットの殺害を計画。殺害は未遂に終わり、ソープは無罪となったが、このスキャンダルにより政治家としてのキャリアは絶たれた。シェイクスピア ハサウェイの事件簿 DVD

ドラマは、英ジャーナリストのジョン・プレストンによる同名書籍を題材とし、「ドクター・フー」のラッセル・T・デイビースが脚本を執筆。3部構成で、英BBC1で放送される。グラントが英テレビドラマに出演するのは約25年ぶりで、93年12月にBBCで放送されたアンソロジードラマ「Performance(原題)」シーズン3の第5話「The Changeling(原題)」以来となる。レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー シーズン4 DVD

「ドクター・フー」「秘密情報部トーチウッド」のラッセル・T・デイヴィースが実際の出来事をベースに脚本を担当し、ヒューがメリル・ストリープと共演した『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のスティーヴン・フリアーズが監督を務める。
  


Posted by behika at 16:49Comments(0)