2017年10月12日

日本最大のアジア映画祭、中国映画は三連覇なるか=中台から8作品を上映

11月に開幕する第18回東京フィルメックスの上映作品が発表され、中国・台湾から8作品が上映されることが分かった。
孤高の花 DVD

コンペティション部門では、中国からホアン・ボー主演の『氷の下』、現代美術家シュー・ビンの初監督作品『とんぼの眼』、ユー・グァンイー監督作品『シャーマンの村』の3本、台湾から金馬奨2部門ノミネートの『ジョニーは行方不明』が選出された。
ハイロイン

特別招待作品ではオープニング作品のシルヴィア・チャン監督・主演の『相愛相親(そうあいそうしん)』、ロカルノ映画祭で金豹賞を受賞したワン・ビンの新作『ファンさん』、金馬奨最優秀作品賞ノミネートの『天使は白をまとう』、が上映される。また、フィルメックス・クラシックとしてキン・フー監督『山中傳奇』のデジタルリマスター版を上映する。
アテンションLOVE DVD

日本最大のアジア映画の祭典である東京フィルメックスは、優れた中国、台湾映画との結びつきも深い。2000年の初開催以降、ジャ・ジャンクー、シルヴィア・チャンらをコンペティション部門審査委員に迎え、ホウ・シャオシェンやツァイ・ミンリャンの特集上映を実施した擇天記 DVD。第16回はペマツェテン監督『タルロ』、17回はチャン・ハンイ監督の『よみがえりの樹』と、中国映画が最優秀作品賞を受賞しているため、今年のコンペティション部門出品作品にも大きな期待が寄せられる。

第18回東京フィルメックス」は11月18日~26日まで開催される。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
日本最大のアジア映画祭、中国映画は三連覇なるか=中台から8作品を上映
    コメント(0)